フクビ化学工業株式会社 環境と社会 CSRコミュニケーション

特集

開発型企業集団として、フクビ化学グループは
さまざまな付加価値を提案し続けております。

①リフォジュール不燃膜天井

リフォジュール不燃膜天井

リフォジュール不燃膜天井

これまで、建築物の天井施工を短期間でできるようにした「リフォジュール膜天井」を提供してきました。
短期間で施工できるほか、さまざまな意匠、天井からの落下物の防止、室内空気環境の改善などが評価されてきました。これ等の付加価値に更に燃えない性能を加えた「リフォジュール不燃膜天井」を提供することになりました。従来の付加価値に公共の大型の建築物にも使える燃えない性能が加わったうえに、万一の地震災害でも天井の落下を抑える安全、安心を提供できるものとして、2015年度グッドデザイン賞 グッドデザイン・ベスト100(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)の評価を頂きました。

②フリーストップスクリーン レジェリア

フリーストップスクリーン レジェリア

 フリーストップスクリーン レジェリア

地球温暖化、気候変動の傾向が顕著になる中、温室効果ガスの排出削減は地球全体での課題となってきました。温室効果ガスの由来の多くがエネルギー消費に伴うものであり、省エネルギーも重要な課題となっています。エネルギーの消費はものづくりの過程が最も多くなっていますが、生活でのエネルギー消費も小さくありません。住まいでは、窓部分での熱の出入りが大きく、省エネルギーを進めるうえで課題の一つになっています。既存の窓部分に簡単に施工ができて、遮光、通風、断熱と気候の変化にあわせて使えるアイテムとして、『フリーストップスクリーン レジェリア』を提供することになりました。フクビ化学は、住まいの分野に関わる企業として、住まいの省エネルギーに寄与する提案を続けております。

③エアサイクル棟リニューアル

リニューアルしたエアサイクル棟

 リニューアルしたエアサイクル棟

フクビ化学では、日本の気候風土に適した快適性、健康、省エネルギーを追求した「エアサイクルシステム」を1984年より提案しております。床、壁、天井に空気層を設け、夏には循環層として、冬には断熱層として働くことにより、室内の快適性を高めております。これまで本社工場の敷地に実験棟を設けて製品の開発、性能の検証、品質の改善などを進めてきましたが、この実験棟を33年ぶりに改築しました。引き続き、製品の開発や性能の検証に活用するとともに、多くの方々に「エアサイクルシステム」に実際に触れて頂ける場所として整備しました。

④ふくいWOODバイオマスセンターによる取組み

ふくいWOODバイオマスセンター内のフクビあわらバイオマス工場

ふくいWOODバイオマスセンター内のフクビあわらバイオマス工場

木粉とリサイクルプラスチックによる人工木材「プラスッド」ルーバー、デッキ

 木粉とリサイクルプラスチックによる人工木材「プラスッド」ルーバー、デッキ

フクビ化学では、地域の森林組合と共同で「ふくいWOODバイオマスセンター」を運営、地域の森林から出る間伐材の有効活用を進めております。当社では間伐材から得られる木粉とリサイクルプラスチックを混合して人工木材「プラスッド」を製造、天然木に替わるルーバーやデッキとして提案しております。また「ふくいWOODバイオマスセンター」から出る木チップは、地域の温泉旅館の給湯用燃料としても活用されています。ものづくりの当社、森林組合、温泉旅館と業種がまったく異なる企業どうしがタイアップした取り組みは、これからの地域と環境を考えた大きな試みです。地域と環境を考える場合、企業の枠組みを超えた取り組みが欠かせないと考えております。企業をつなぐプラットフォームとしての役割も当社の社会的責任と考えております。なお、「ふくいWOODバイオマスセンター」による3社の取り組みは、地域活性、環境共生のユニークな取り組みとして、2016年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)の評価を頂きました。