精密製品(ハーツラス)

ホーム製品情報精密製品(ハーツラス)

第1章.精密事業部の歴史

「面白いものをつくる」。新たな事業分野に進出し、精密化工品の開発に着手。
フクビは建材業界で培ったノウハウを活かして新たな事業分野に挑戦するため、1987年に坂井工場内に精密化工工場(現・精密第1工場)を建設し、精密事業部を立ち上げました。「面白いものをつくる」をスローガンに、モノマー(単量体)の重合技術に関する研究からスタートし、年月を重ねて開発されたのが「ハーツラスAR」です。特殊コーティング技術を駆使した高透明・低反射樹脂パネルで、視認性が要求されるディスプレイの表面保護パネルとして誕生しました。光線の透過率は99%以上で、光の反射防止に大きな効力を発揮。水や油をはじき、汗や塩分などの耐薬品性も良好なことから、自動車のメーターや医療用モニターのディスプレイ部、スマホやタブレットなどのカメラレンズ用保護パネル、など幅広い用途に使用されています。

反射防止性能比較

採用例

デジタルカメラ(ビューファインダー・液晶保護パネル)
医療用モニター(液晶保護パネル)
ゲーム機器(液晶保護パネル)
産業機器(液晶保護パネル)
携帯電話(カメラレンズカバー)
車(メーターパネルカバー・ナビパネルカバー)

第2章 技術紹介

ハーツラスARの誕生につながった「ウェットコーティング法」
今や市場で広く認知されているハーツラスARですが、その開発はスムーズに進んだわけではありません。表示ディスプレイ用の保護パネルに反射防止技術が使われていないころから研究を始め、当初は試行錯誤の連続。失敗を重ねながらも一歩ずつ前進する中で、コート液の中にアクリルやポリカーボネートなどの透明樹脂シートを入れ、光学塗膜を形成する「ウェットコーティング法」にたどり着きます。従来技術では、真空蒸着装置などで無機系の膜を蒸着させていたのに対し、ウェットコーティング法では有機膜を付着させるため、温度変化に強く、耐久性も向上。コーティング技術の開発にあたっては、わずかな温度や湿度の違い、振動の有無が膜の形成に影響を及ぼすことから困難を極めましたが、この技術が礎となりハーツラスARの誕生につながりました。

構成

薄膜形成方法

長所

①汗(酸、アルカリ汗液)、塩水、水道水の耐薬品性が良好
②すべての薄膜が有機系で構成されており、温度環境試験に強い
③安定した膜厚管理により反射色のばらつき・ブレが少ない
④各層間の化学結合により耐久特性を強化

第3章 その他技術

ハーツラスARの誕生につながった宇宙放射線実験への採用など国内外で活躍の場を広げるハーツラスシリーズ。
そもそもハーツラスという名前は、精密事業部で作る製品すべての総称を指します。放射線計測シートとして開発された「ハーツラスTD-1」は、その高い重合技術が評価され、1992年のNASA(米航空宇宙局)のスペースシャトルに搭載され、宇宙開発事業団(現宇宙航空研究開発機構)の宇宙放射線実験で活躍しました。近年では、ガラスが持つ弱点を解消したガラス代替樹脂パネル「ハーツラスFH」を開発するなど、続々と新規開発品がリリースされています。

お客様一人ひとりの要望に対して最大限できることを検討し、100%を目指して取り組み続けることが私たちの使命です。国内外で活躍の場を広げるフクビの精密加工品に、今後もご期待ください。

お問い合せはこちらから