お知らせ

2017年8月のお知らせ

フクビ化学工業㈱が参画する炭素繊維を用いた橋梁補修・補強技術開発が国土交通省の平成29年度建設技術研究開発助成制度に採択されました。

 このたび、フクビ化学工業株式会社が参画する『炭素繊維を用いた橋梁補修・補強技術開発』が、国土交通省の平成29年度建設技術研究開発助成制度「政策課題解決型技術開発公募」の新規研究開発課題の一つに採択されましたので、お知らせいたします。本技術開発は、福井県の経済戦略「福井経済新戦略(改訂版)」に基づき「ふくいオープンイノベーション推進機構」で進められたものです。

 国土交通省の建設技術開発助成制度「政策課題解決型技術開発公募」は、国土交通省が定めた具体的推進テーマに対して、迅速に成果を社会に還元させることを目的とした公募型の競争的資金制度です。

 採択された開発テーマでは、軽い・強い・錆びない特長をもつ炭素繊維複合材料(CFRP)を活かし、自治体等が管理する小規模橋梁等のインフラの補修・補強・更新技術について、従来比50%の工期短縮と、製造から廃棄・処分までのライフサイクルコストの低減を目指します。
プレスリリース

平成30年3月期 第1四半期決算について

平成30年3月期 第1四半期決算短信を発表しました。
決算短信

アール形状でホコリを溜めず、中実構造で虫を寄せつけない、食品工場向け巾木「不燃 R 巾木」の発売について

食品工場向け巾木「不燃R 巾木100」「不燃R 巾木32」を開発、好評発売中です。

【発売意図】
 食品工場においては、HACCP(ハサップ=製造プロセスを通しての衛生管理手法)のひとつとして、壁と床の取り合い部に使用する巾木の形状を「アール形状」にしてホコリが溜まりにくくしたり、その巾木自体に虫が入り込まないよう「中実構造(=中空でなく中身が詰まっている構造)」にすることが求められています。
 現在では、R形状ではあるが虫が入り込める中空構造のアルミ製巾木が使用されていることが多く、衛生管理を目的としたHACCP の観点では十分ではありません。
 そこでこのたび、R 形状かつ中実構造で、耐熱性に優れた素材(不燃素材)とした、「不燃 R 巾木100」ならびに「不燃R 巾木32」を発売いたしました。

【特長】
 ・R 形状(下部)と勾配形状(上部)でホコリが溜まりにくい。清掃しやすい。
 ・中実構造で虫を寄せつけにくい。菌の発生を抑制する。
 ・窯業系不燃素材で耐熱性に優れる。塗床を塗り上げられる。塗装も可能。
 ・接着剤で貼り付けるだけの簡単施工。壁面にネジ等の穴をあけない。
 ・入隅や出隅の役物を用意。納まりの心配なし。

【仕様・価格】
※添付ご参照ください。


【本製品に関するお問合せ先】 
 フクビ化学工業株式会社 『お問い合わせ窓口』
   ☎0800-919-2911(フリーコール)
   〒918-8585 福井県福井市三十八社町33-66


NEWS RELEASE不燃R巾木
PAGE TOP
ページの先頭へ