IR情報

中期経営計画

Vision2019

1会社の経営の基本方針

当社グループは、「化学に立脚し、新たな価値を創造、提案する」、「企業経営を通じて、地域に貢献し、環境共生型社会形成に寄与する」の企業理念のもと、プラスチックを中心とする異形押出成形技術をコア技術として、常に新しい技術と製品の開発に専念し、企業価値の向上に努めてまいりました。
今後さらに、フクビの絶対主義、即ち「絶対品質、絶対スピード、絶対コスト」に裏付けられた製品とサービスの提供を通して、お客様の企業価値の増大に貢献し、開発型メーカーとしての事業基盤を一層強化してまいります。

2中長期的な会社の経営戦略

新たな中長期ビジョン

  • 「新たな技術開発と市場創造に絶え間なく挑戦し、快適な社会の実現に貢献する。」
  • 「一人一人の成長と企業の成長が一体となることで、喜びを実感できるフクビグループを目指す。」

のもと、平成29年度より平成31年度を最終年度とした中期経営計画「Vision 2019 CHALLENGE & CHANGE 目指せ100年企業!」がスタートしました。 当中期経営計画では、3つの基本方針を定めています。

中期経営計画(平成29年4月~平成32年3月)

基本方針

①成長分野への積極展開
成長分野へ経営資源を積極的に配分する。
快適な社会の実現に向けて新規に拘った技術開発・商品開発を行う。
②生産性向上による利益の創造
全社合理化運動を実施する。
ビジネスモデルの変革を推進する。
③挑戦と変革を実現する経営基盤の確立
一人一人の成長と企業の成長が一体となるために、人材育成制度を革新し、全社員の総戦力化を実現する。
PAGE TOP
ページの先頭へ