お客様とともに

安全で安心なものづくり

フクビ化学の製品を長く安心して使って頂くためには、良い品質であることが前提です。フクビ化学の製品は住宅用建材の他、電気機器、産業機器、自動車等の機能部材など多岐にわたります。全ての製品がお客様に満足して使って頂ける品質を追求しております。

品質を評価する測定機器や分析機器の充実を図るとともに、工場内外にもさまざまな試験施設を設けて製品の性能を検証、お客様の満足を高めるものづくりに努めています。

写真:各種分析、測定機器による製品性能の評価の様子各種分析、測定機器による
製品性能の評価の様子

屋外環境での製品の長期性能を評価する各地の屋外ばく露試験場

写真:屋外環境での製品の長期性能を評価する各地の屋外ばく露試験場 本社工場の屋外ばく露試験場

写真:北海道での屋外ばく露試験北海道での屋外ばく露試験

写真:沖縄での屋外ばく露試験
本社工場の屋外ばく露試験場沖縄での屋外ばく露試験

エアサイクル実験棟

フクビ化学では、日本の気候風土に適した快適性、健康、省エネルギーを追求した「エアサイクルシステム」を1984年より提案しております。床、壁、天井に空気層を設け、夏には循環層として、冬には断熱層として働くことにより、室内の快適性を高めております。これまで本社工場の敷地に実験棟を設けて製品の開発、性能の検証、品質の改善などを進めてきました。

2016年には改築を行い、引き続き製品の開発や性能の検証に活用するとともに、多くの方々に「エアサイクルシステム」を実際に体感していただく場所として整備しました。

写真:エアサイクル実験棟 外観エアサイクル実験棟 外観

写真:エアサイクル実験棟 内観エアサイクル実験棟 内観

写真:エアサイクル実験棟 完成見学会エアサイクル実験棟 見学会

住まいを長く使っていただくために

近年は、リフォームなどにより住まいを長く使う傾向になってきました。住まいに使用する建材は長持ちすることが求められるようになり、また、リフォームなどに使用しやすい建材や工法にもニーズが増えてきました。フクビ化学では、建材の耐久性を高めていくとともに、リフォームなどに適した建材、工法の開発に努めております。

製品「遮熱ルーフエアテックス」

遮熱ルーフエアテックス 遮熱ルーフエアテックス遮熱ルーフエアテックス

-透湿防水シートのJIS A 6111が改訂され、屋根用透湿防水シートがJIS化となりました。JIS A 6111:2016では、防水の信頼性と透湿の確実性が評価されています。

製品「REQダンパー2」

遮熱ルーフエアテックス

ダンパーに内蔵されている高減衰ゴムが変形することで、地震の運動エネルギーを熱に変え、建物の変形を抑えます。左図の通り、熊本地震級の前震の地震波と本震の地震波を2回加えても倒壊しないことを実証しました。

遮熱ルーフエアテックス 遮熱ルーフエアテックス

製品「FS(ファイバースコープ)天井点検口」

住まいを長く使うためには、定期的な点検が欠かせません。
点検により、住まいの傷みを早期に見つけ、修繕を施していく必要があります。

勾配天井など小屋裏空間が狭い場所の点検に最適なコンパクトな「天井点検口」を提案しています。

遮熱ルーフエアテックス 遮熱ルーフエアテックス

事業継続マネジメントの構築

フクビグループは、ものづくり、各種サービス提供を中心にさまざまなサプライチェーンの一端を担っています。大きな自然災害などにより事業が中断、休止することは、広い範囲に影響を及ぼすことが考えられます。大きな自然災害が発生しても、できるだけ事業を中断、休止させず、またできるだけ早く復旧させることが重要と考え、事業継続マネジメントの構築「事業継続計画」の策定を進めております。

この「事業継続計画」は、災害発生シナリオに基づくシミュレーション訓練などを通じて、検証、定着を図るとともに、ブラッシュアップを行っております。

写真:シナリオ訓練の様子

シナリオ訓練の様子(名古屋支店)

写真:事後研究会での発表

事後研究会での発表(本社)

写真:事後研究会での社長講評

事後研究会での社長講評(本社)

写真:事後研究会での担架の負荷体験

事後研究会での担架の負荷体験(大阪支店)

品質向上の取り組み

フクビグループは「独自の技術と絶対主義で創造と進化に挑戦する開発型企業集団を目指す」というグループビジョンを掲げて事業を推し進めています。確かな品質で絶えず新たな価値を提供し続けることが、開発型企業集団としての最も大きな社会的責任と考えております。
フクビ化学は絶対主義のひとつに『絶対品質』を掲げています。お客様に安全で安心な製品をお届けすることは、メーカーとして重要な社会的責任であると考え、この『絶対品質』の実現のために、品質マネジメントシステムを中心に据え、ものづくりを図っております。

品質マネジメントシステムとして、本社工場、開発本部などを中心にISO9001を導入、1997年8月にはその認証登録を受けました。その後、対象事業所を増やしながら、充実を図ってきました。引き続き品質マネジメントシステムの維持と向上を図り、このもとでお客様の信頼と満足を最重視した品質向上の取り組みを続けております。
 なお、国際規格のISO9001は、品質に関する課題の進展、国際的な情勢、社会のニーズの変化を踏まえて規格改訂が行われます。直近では2015年に改訂され、ISO9001:2015年版となっております。フクビ化学では、2018年に移行を行い、引き続き、ISO9001をベースとして取り組みを継続しております。

品質マネジメントシステムISO9001の認証登録
対象事業所 企画管理本部、品質保証本部、開発本部、及び生産統括本部(生産企画管理部、資材部、CSE事業部、生産サポート部、Gシステム推進部、本社工場、坂井工場、あわらバイオマス工場)
認証登録機関 日本環境認証機構 (JACO)
認証登録日 1997年8月28日
登録番号 QC02J0200

フクビグループ品質方針

企業理念

  • 化学に立脚し、新たな価値を創造、提案する。
  • 企業経営を通じて、地域に貢献し、環境共生型社会形成に寄与する。

グループビジョン

独自の技術と絶対主義で、創造と進化に挑戦する開発型企業集団・フクビグループを目指す。

フクビグループは、これらの経営ビジョンを、品質・サービスの観点から実現するため、組織的な活動を展開し、企業価値の増大と社会的責任の遂行を目指す。

  1. それぞれの業務における品質への落とし込みの程度(レベル)は、一人ひとりの品質感受性と品質改善力に帰する。担う業務を通じてお互いが感受性と改善力を高め合い、職場に存在する不具合に迅速に対応する。
  2. 利用者の視点に立ち、ライフサイクルを通じて安全で安心な製商品を提供していくため、製商品固有の潜在的リスクと使われる際のリスク評価(アセスメント)を実施する。リスクは社会的に許容されるレベルになるまで徹底した低減策をはかり、設計に反映する。
  3. 市場が製商品に期待する、または要求する付加価値を客観的に判断し、適正な品質・スピード・価格など取引条件の明示と確保に働き掛ける。
  4. 法の要求や顧客との合意内容を十分に理解したうえで、達成、確保すべき品質・サービスを確定し、必要な人的資源、インフラストラクチャー、仕組みを経営システムに確実に落とし込む。
  5. 品質・サービスの項目とその内容の検証を確実なものとするために、これに必要かつ適切な手段の研究にも注力し、製商品が上市前および上市後の環境変化においても必要な物性・有すべき機能を具備できるように取り組む。
  6. クレーム対処では早期報告や的確な初期対応に努めるとともに、クレームの内容や原因を深く掘り下げて分析し、対応手段やノウハウの涵養をはかる。これらは技術開発、調達、生産、流通など各業務に有効に反映する。
  7. 品質マネジメントシステムを各業務の現場でより活かせるものとしていくため、絶えずレビューをはかり、改善を推進する。

2017年7月6日 改定


JIS(日本工業規格)の認証

 フクビ化学では、規格に基づいたものづくりとして、次の2つの製品カテゴリについて、JIS(日本工業規格)の認証を受けています。

  • JIS A5705 ビニル系床材(三方工場にて認証取得)2008/06/04
  • JIS A5741 木材・プラスチック再生複合材(本社工場にて認証取得)2011/09/20